経営基本方針

合併によるシナジー効果を早期に発現し、農業生産の課題を解決する研究開発型企業として"将来に亘って持続的に発展できる強い永続企業"を目指す。

重要方針

1. プロセスの一体化による事業基盤の強化

  1. 技術革新のスピードアップ(創製からプロセス開発まで)
  2. 効率的なサプライチェーンの確立
  3. 安全操業による安定供給体制の確立
  4. コスト競争力の強化

 

2. 経営資源の集中による事業基盤の強化

  1. 適切な経営資源の配分と有効活用(人・物・金・情報)
  2. 財務体質の強化
  3. グループ事業戦略の強化と推進(事業の最適化)
  4. 統合基幹業務システムの構築

 

3. 事業リスクの最小化

  1. 経営判断のスピードアップ(情報一元化)
  2. 組織横断的な情報共有化
  3. 事業全体のリスクマネジメント
  4. 内部統制システムの継続的な改善

 

4. 成長戦略

  1. 国内事業の選択と集中による事業拡大
  2. 海外事業の市場アクセス強化とグローバル展開の加速
  3. 新技術開発及び導入に基づく中核事業の育成
  4. 高付加価値な化成品事業の育成
  5. 各セグメントの強化

 

5. コーポレートガバナンスの更なる強化